読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14

昨日書く前に寝てしまった

7時半に起きてzipでターザンをやった
緑に入れて緑が勝った
その後同居人が仕事にでかけ、
俺はシコっては寝るを繰り返し計5回射精を行った
(何でシコったかはあまり覚えていないが、うち1回はガキに戻って犯りなおしの概念、1回はほむら屋のレズソーププレイのやつでシコった)

その後漫画を読んだ
「やがて君になる」という百合漫画で、とにかく主人公のジト目のカットが萌える(死語)
簡単に話の内容を書くと……
誰かを好きになる、というのが何なのか分からない主人公は、受けてしまった告白にどうしていいか分からず、同じ生徒会の先輩である七海に相談する。
七海は何でも卒なくこなす眉目秀麗な生徒なのだが、主人公同様、「好きって言われてどきどきしたこと」が無く、付き合うことも無かった為、高嶺の存在となっていた。
相談した結果、主人公は無事告白を断る事が出来たのだが、そんな「誰のことも特別と思わない」主人公を、七海は「好きになりそう」「君といるとどきどきする」と言い始め……
といった感じの話だ。
主人公の侑(ゆう)は、誰かを特別だと思う気持ちが分からないものの、そういった感情を持つことに憧れているので、
七海が自分に好意を抱いていることに関して嫉妬や怒りを覚えたりするのですが、
話の中で次第に七海を特別だと思う気持ちが芽生え、自覚していく過程が可愛いんすね〜
七海も七海で最初はキリッとしてるのに、侑のことが好きすぎて訳の分からない行動をしたりして、そこもまた萌える(死語)(二回目)
そのエピソードとして、七海が家族旅行から帰ってきた後、何のアポもなく侑の家に訪れてお土産を渡すシーンがあるのですが、
学校でも会える上、連絡のないまま家に来ても会えるかどうか分からないのに、どうしてふらっと来たりしたんですか? と侑に指摘されて慌てる七海が可愛い!!
それを見て、
f:id:r3n:20160628093718j:image
とか呆れ顔で言う侑も可愛い!!! 慈愛!!!!
という訳で皆さん買ってください よろしくお願いしますよ

読み終わった後専門へ行った
帰りに松屋でカルビ焼肉定食を食べた
ちなみに昼ごはんは食べてない

明日は…というか今日はカフェかどっかにこもってテキストを頑張ります